生パスタ・乾燥パスタの通販ならニューオークボ

menuclear

Commitment

パスタへのこだわり

製造工程

ニューオークボは、国内における生パスタや乾燥パスタの生産・開発におけるパイオニアとして、
創業以来パスタ一筋で歩んできたパスタメーカーです。
ニューオークボは、素材そのもののおいしさ・風味を引き出したパスタづくりにこだわり、イタリアの伝統的な製法を継承しています。
美しい淡黄色、独特の食感、噛んだ時の心地よい音、小麦の香り、上質な甘みが五感を刺激し、
「おいしい」と感じられるように、手間と時間をかけて丁寧にパスタを作っています。

「伝統×素材製法」

ニューオークボのパスタ製法の特徴は、手間と時間をかけておいしさを追求する「イタリア伝統のパスタづくり」に、
素材の持ち味を活かす「ニューオークボ独自の工夫」を掛け合わせていること。
原料、混合、熟成、成形、冷蔵・乾燥の5つの工程で、生地にダメージを与える熱の発生をできるだけ抑えることによって、
パスタは茹でるときに初めて加熱され、食べたときに小麦本来の持ち味が鮮明にあらわれるのです。

  • Method.01

    パスタの原料

    製粉会社から、プレミアムクラス・最高品質のデュラム小麦のセモリナ(胚乳部の粗挽き)をニューオークボ専用粉として仕入れています。良質なデュラム小麦の中心部分のみを使用することで、デュラム小麦の上品で美しい淡黄色、香りと味をお届けします。一般品に比べて粗挽きすることで、硬質なデュラム小麦を砕く際の熱によるダメージを最小限に抑え、デュラム小麦本来の味を生かしています。またパスタ・スパゲッティの種類に合わせて、挽き方の違う小麦粉をブレンドしています。

    ここがすごい!

    小麦は外皮、胚乳、胚芽の3つの部分から成り立っており、それぞれに含まれる成分が異なります。3つの部分を混ぜ合わせることでパスタの味は変わってきますが、ニューオークボではプレミアムクラス・最高品質デュラム小麦の中心部分にある胚乳だけを贅沢に使うことで、雑味がなく甘味やうまみを感じられるパスタに仕上げています。
  • パスタの原料はプレミアムクラス・最高品質のデュラム小麦
  • Method.02

    丁寧な時間をかけた
    練り込み作業

    ニューオークボ専用粉やその他小麦粉と塩、水といったシンプルな素材を使い、時間をかけて丁寧に練りこむ作業を行っています。適切な温度管理の下で素材をよく練ることで、グルテンが活性化するとともに生地に空気が含まれ、独特のもちもちとした食感が生み出されます。

    ここがすごい!

    練りをコントロールし、パスタ・スパゲッティの種類によって最適な食感を生み出すことに注力しています。ニューオークボのパスタづくりに欠かせないデュラム小麦の中心部分は、良質なタンパク質が多く含まれています。水を混ぜて生地を作るときに、タンパク質と水との結びつき(グルテンの活性化)をコントロールすることで、多様な食感(硬さ・柔らかさ、弾力等)を生み出しています。
  • グルテンの活性化をコントロール
  • Method.03

    熟成・成形

    生地の状態、パスタ・スパゲッティの種類によって、熟成時間を変えることで、生地を安定させ、食感にムラが出ないようにしています。

    ニューオークボでは、イタリア伝統の「押し出し機(パスタマシン)」を使ってパスタを作ることにこだわっています。パスタ・スパゲッティの種類に合わせて、特注のダイス(口金)を使用し、生地に圧力をかけてダイス(口金)から麺を押し出します。ニューオークボは理想のパスタを製造できるように、独自にカスタマイズした機械で熱の発生を最小限に抑えています。熱による生地へのダメージを抑えているので、小麦が本来持つ美しい色(上質なデュラム小麦のセモリナの美しい淡黄色)、上質な甘みやうまみ、そして香りを損なうことがありません。またパスタマシンは、常に最高のパスタが作れるように、改良や進化を続けています。

  • 熟成時間を変えることで、生地を安定させ、食感にムラが出ないパスタ
  • Method.04

    冷蔵・冷凍

    冷蔵(冷蔵生パスタ)

    成形後の生パスタを冷蔵保管することにより、おいしさを保ちながら素材そのものの風味を引き出します。冷蔵生パスタは、出荷まで5度以下の冷蔵状態が保たれます。

    冷凍(冷凍生パスタ)

    成形後の生パスタを出来立てそのままで急速冷凍することにより、おいしさを保ちながら長期保存を可能にします。冷凍生パスタは、出荷まで-10度以下の冷凍状態が保たれます。

  • 冷蔵生パスタ・冷凍生パスタはおいしさを保ちながら素材そのものの風味を引き出す
  • Method.05

    乾燥

    乾燥(乾燥パスタ)

    乾燥パスタは、自然に近い温度の風を当て、2~3日じっくりと時間をかけてゆっくり乾燥させることにより、熱によるダメージを抑え、小麦の風味をしっかり感じられるパスタに仕上がります。デュラム小麦のセモリナそのままの淡黄色が、手間と時間をかけてつくられていることを表しています。

    ここがすごい!

    大量生産が主流となった現代では、90度前後の高温熱風を用いて短時間(10時間以内)でパスタの水分を効率よく蒸発させて乾燥パスタを作ることが多いです。ニューオークボでは熱による生地へのダメージを抑え、おいしさが損なわれないように手間と時間をかけた丁寧なパスタづくりを心掛けています。
  • 手間と時間をかけた丁寧なパスタづくり

Feature

品質管理

ニューオークボは、国内における生パスタや乾燥パスタの生産・開発におけるパイオニアとして、創業以来パスタ一筋で歩んできたパスタメーカーです。ニューオークボのパスタ・スパゲッティのおいしさの秘密は、余計なものを加えず、こだわり素材の持ち味をそのまま鮮明に引き出していることです。余計なものを加えずパスタ・スパゲッティを作るために、品質管理には何よりも気を使っています。クリーンな環境で、独自に設けた厳しい検査基準をクリアできて初めて、安心・安全と共にニューオークボのパスタ・スパゲッティとしてお客様に届きます。

厳しい検査基準

厳選された原料を使っているニューオークボのパスタ・スパゲッティは、素材の味が鮮明に出るように余計なものは加えていません。
社内と社外でニューオークボ独自の厳しい検査を行い、そのすべてに合格したものだけをニューオークボのパスタ・スパゲッティとして出荷しています。

  • パスタの官能検査
  • Inspection.01

    官能検査

    ニューオークボは変わらないおいしさをお届けできるよう、今まで培ってきた熟練のノウハウを頼りに、職人達がパスタ・スパゲッティの色味やツヤ、弾力、食べた時の味を判断しています。また時間をかけ、第三者機関によるより精度の高い検査も実施しております。

    ここがすごい!

    ニューオークボは、製造から消費まで一気通貫しており、お客様においしいパスタ・スパゲッティを提供する場として直営店を3店舗運営しています。パスタメーカーの視点だけでなく、パスタを提供するシェフの気持ちや食べる方々の気持ちを誰よりも理解しています。お客様とお店両方の視点でパスタに向き合っているからこそ、皆様にとって最高品質のパスタ・スパゲッティをお届けできるのです。
  • Inspection.02

    物性検査

    ニューオークボは変わらない品質を維持できるよう、検査機器を活用し、水分量、弾力、長さや太さのムラがないか、基準に沿って客観的に判断しています。

  • パスタの物性検査
  • パスタの微生物検査
  • Inspection.03

    微生物検査

    安心・安全をお届けするために、ニューオークボでは外部検査機関を活用しているほか、自社でも検査体制を整備しています。自社内での微生物検査では検査結果までの時間を第三者機関で要する48時間から24時間以内に短縮することで、万が一の場合でも、市場にニューオークボのパスタが出回ることのないようスピーディーな検査体制を整えております。この検査に合格し、安心・安全が保証されたパスタだけが市場に流通するよう管理しています。

    ここがすごい!

    ニューオークボ独自の方針として、乾燥パスタにも生パスタと同じ衛生基準を設けています。食品衛生法において乾燥パスタは衛生規範が定められていませんが、ニューオークボでは安心・安全を追求し、すべてのパスタ・スパゲッティに厳しい検査を行っています。

HACCP

ニューオークボでは創業以来、多くのお客様と長年のお付き合いをしております。その信頼にお応えできるよう、原料の受入から製造、製品の出荷までのすべての工程において、HACCPに基づく衛生管理を行っています。厚生労働省HACCPチャレンジ事業に係る柏市での初めてのモデル事業者として、積極的に取り組みを開始しました。 HACCPとは、NASAで生まれた国際的な食品衛生管理手法です。食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格委員会から発表された国際的な基準として、各国にその採用が推奨されています。

ここがすごい!

ニューオークボでは、生パスタや乾燥パスタを生産する各工程における管理データの記録はもちろん、製造に関わる従業員の健康管理も徹底しています。何より各従業員が高い衛生意識をもち、万が一のトラブル時にはすぐに原因を追究できる体制を整えています。作業着は全員の交換サイクルを会社ですべて管理し、常に衛生的であるように配慮しています。

Feature

温度管理

素材の味を大切にするニューオークボの生パスタや乾燥パスタには、温度変化が大敵です。そのため、製造や配送のすべての工程で厳密な温度管理を欠かさず行い、安全でおいしい生パスタや乾燥パスタを、いつでもお届けできるよう努めています。

  • 01

    製造工程

    小麦本来のおいしさ・風味を損なわないため、製造工程で発生する熱ができるだけ生地に伝わらないように最大限の配慮をしています。
    製造工程で一番注意したいのは、麺を押し出す時の摩擦による発熱ですが、これを40度以下に抑え、熱が加わらないよう徹底して管理しています。
    フレッシュな冷蔵生パスタは、品質に影響を及ぼさないよう製造後20分以内に冷蔵室へ移し、出荷作業も室温5度の環境下で行っています。
    さらに工場内各工程に温度センサーを設置し、温度に異常があれば警告される仕組みとなっています。
    これにより、温度変化による製品の劣化を防ぐことができ、万が一温度変化によって製品に異常が発生した場合にも、どの部分で問題が生じたのかを即座に調査することができます。
  • 02

    配送

    お客様のもとへ商品をお届けする際にも、温度管理がとても大切です。
    温度変化によって結露し、パスタの表面に水分がつくと、麺がほぐれにくくなり、通常よりも茹で上がりに時間がかかってしまいます。
    また茹で上がりに時間がかかることによって、小麦の香りや甘味も失われてしまいます。
    そのため、配送中の温度変化によって結露が発生することがないよう、配送業者と連携してお届けまでの温度データを管理しています。

カテゴリ一覧